2007年06月08日

コマンダンテ

昨日は二人で映画『コマンダンテ』を見てきた。
めちゃめちゃ久しぶりの映画、久しぶりの渋谷だった。

これはオリバー・ストーン監督が自らインタビュアーとなって、キューバの最高指導者フィデル・カストロにキューバ革命やキューバ危機、果ては私生活のことまでのあれこれを語らせる、という映画である。

で。
面白かった!
なんたってあの時代の生き証人、というか渦のど真ん中の当の本人が語っているのだ。
もちろん彼がどこまで真実を話しているのかはわからない。
「あのカストロ」なのだから。
でも「あのカストロ」が実際語ったりはぐらかしたり困惑したり息巻いたりする姿を見ることは、少なくともあの時代を知ってる人間には意味があるはずだ、と私は思う。

そしてそんなことよりなにより。
キューバ大好き、カストロゲバラ大好きな私には、たまらなく嬉しく、宝物のような映画であった!
あー、そういえば若かりし頃、キューバ関係の本を探し回りむさぼるように読んだっけ。
いつか必ずキューバに行こうとスペイン語の辞書を買った記憶はあるが、勉強した記憶はないぞ。
あの辞書どうした?
なんてことをあれこれ思い出したりもして。
自分が思ってる以上に、どうやら私はキューバに思い入れが強かったし、今も恋いこがれているようだと再発見。
やっぱりキューバ、行きたいぞ!!
カストロが生きているうちに!!!
ちくしょー、オリバー、羨ましすぎるっ!!!!

ところで。
上映館は渋谷のユーロスペース2なのだが、行ってみてびっくり。
若者たちが行列作っていたのだ!
そ、そんなにみんなカストロに興味があるの?!
ゲバラ人気もここまできたって?!
座れなかったらどうしよう!
焦りながら3階にいったらだーーれもいない。
・・・
行列は同じビル内で上映中の『大日本人』だったのである。


kasutoro001-01.jpg
posted by あきお at 18:03| Comment(4) | TrackBack(0) | かよ

2007年06月07日

ビール解禁!!

仕事がちょっときれたのでホームページをいじってみました。
まずは手塚先生の話も作ったり、漫画取材旅行に行った時に買ってきた
お土産も紹介しようとつくりました。
お土産は家にあふれてきてるのとデカイ物は処分されてきてるので
まだあるうちに記録しておこうと思ったのもあります。
写真だと何かつまらないと言うか漫画家なんだから絵を描こうと思ったのです。
人からもらった物もいれればかなりの数になるかと思います。
文章は説明よりその時の自分の思いが出ると良いのですがまだ説明が主になってしまってます。
慣れるまで時間かかるかもしれませんがよろしくお願いします。
最近、ずっと禁酒してたのですがついにビール解禁となってやっぱり腹が出っ張ってきてしまいました。しかし、どうしてビールは腹が出るのか、どなたかご存じでしょうか?
nikkibi-ru-018.jpg
posted by あきお at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | あきお