2008年02月24日

大復活祭

そういえば、先日(2月10日)。
忌野清志郎の大復活祭に行ってきました。
最初は、うわーーい、キヨシローだーー! なんて、
うきゃうきゃ見ていたんですが、
途中チャボが登場した途端、号泣。
そのまま最後まで、涙だだ漏れ状態でした。
なんだかもう涙とまんないの。
自分でも、アタシ何でこんなに泣いてるんだ? って不思議なほど。

この武道館で、またキヨシローの歌声が聞けるなんて!
チャボと一緒の姿を見られるなんて!
ああ、「ようこそ!」歌ってる!
ジャンプしてる!
キヨシローが生きてる!!!

コンサートが終わって。
人波にもまれながらの帰り道。
あの頃みたいに歌い出した人がいて。
昔みたいな大合唱にはならなかったけど、
その場にいた何人かで歌いながら歩きました。
あの頃の夜と、今は、確かに繋がっている。
そう思ったらまた泣けて。

生まれて初めて、神様に感謝した夜でした。
posted by あきお at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2008年02月01日

インド・カッタクダンス!!

昨日、カタックダンスというインド伝統舞踊を見に行きました。
カッタクダンスというのは、どうやら、タブラというインドの太鼓と踊り手との掛け合い(足踏みや、上半身の振り)という形をとるようです。
太鼓のリズムと踊り手の足を踏むリズムとの戦いです。
それがなかなかの見物なのであります。
今回は、インドの人間国宝の師匠のもとに教えを受けたウマー・ドグラさん(インドを代表するカタックダンサー)が率いる一団で、今まで日本人の舞ってる物は2回ほど見たことがありますが、インド人が踊るカッタクは初めてでした。
タブラのたたくリズムに即応する、踊り手の足踏む音!!
さらに迫真の演技は鬼気に迫り、踊りの醍醐味が味わえました。

もうひとつ驚いたのは、この公演に集まったお年寄り達。
なんと観客のほとんどが僕より先輩の人達でした。
杖をついた人とそれを支える人が随分目立ちました。
本当にご苦労様という感じです。
僕の隣の席には目の不自由な人が座りました。
それでも堪能してるようでした。
そんな人たちで、ほぼ満席でした(中野サンプラザ)
そしてこの日は、ガンジー没後60周年の、それもちょうどガンジーの命日だったようで、ウマーさんの提案で、観客も全員起立して一分間黙とうしました。
ガンジーと言えば、前にアーマダバードのガンジー記念館で大下痢した僕は、トイレで何回もお世話になりました(感謝の思い出です!!)
黙とうしてる間、僕はガンジーに心からお礼を言いました!

ところで、なぜ僕たちがこんなにカッタクダンスを見てるかというと、かよが以前に習っていたことがあるからです!!(あっという間に挫折した模様)

ウッス!! 以上!!
posted by あきお at 00:13| Comment(8) | TrackBack(0) | あきお