2010年05月22日

大相撲五月場所2

ついでに、枡席風景の話です。
4人枡席の4人は狭いのですが、そこをたった一人で観戦してる人もいます。
実に贅沢な事です。
だって一枡4万円位しますからね。
だから気合いもすごい入ってまして、かなり大声で声援します。
腕組みしながら怖い顔して声を張り上げるんですね。
しかもあんまり人気のない力士を。
おれは通なのよ!ってー感じでね。
本来なら4人席を独り占めしてるのでうらやましく思うのですが
この風景は寂しい感じになります。
訳ありなんじゃないかなーって。tanuki016.jpg
posted by あきお at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月21日

大相撲五月場所1

昨日、両国大相撲観戦に行ってきました。
もちろん日馬富士に気合いを入れにです。
もう4回目ともなると国技館の食い物はほとんど飽きているので
自宅からバナナ、せんべい、生八つ橋、ラスク、等をバッグに入れてさらに
伊勢丹のデパ地下で巻き寿司とおいなりを買っていざ出陣です。
いつもの特別マスペア席。
4人マスを2人でつかえる席です。
普通の4人枡席は男が4人だと相当窮屈でよっぽど仲のいい人間関係でないと
相撲に集中できないのではと思いますが、案外4人とも窮屈を逆手にとって
一弾となっている風に見える事もあるのです。そうなるとうらやましいので
相撲よりその4人の男たちの方が気になるのです。
実はこの枡席に座って飲み食いしてる人たちを観察してる時間の方が
おもしろいのですが。さて日馬富士の方は当然勝ちました!はい。
tanuki014.jpg
tanuki015.jpg




posted by あきお at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月12日

益子陶器市6

益子の日記はきりがないのでこの回で終わりにします。
(たくさん書くことがあるのですが)
この市の魅力は陶芸家か自ら売るので器に愛着がわく。
益子焼きもあるが色々な焼き物に出会える。また、若手が多く試作的なものも
おもしろい。自由な焼き物の世界は僕ら素人には楽しい世界だ。
今回、我々が買ったものは8点。そのうちの3つを絵にしました。
料理をのせて楽しんでおります。
どれもお気に入りです。
器は割らなければ一生ものです。僕はいつも服には何万も出しますが
流行があって一年で着なくなったりしますが器は一生つきあえる事を考えると
こころがそれだけでも豊になります。
ホームページの「趣味2」http://akikayo.com/pg226.htmlには写真がありますので見てみてください。終わり。
tanuki010.jpg
tanuki011.jpg
tanuki012.jpg
posted by あきお at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月08日

益子陶器市5

さて、飯もおのおの食って
蔵前さんのお気に入りのお店へ。
陶芸家の矢津田さんのお店はファンがいるみたいで
(女性が多いようで)活気があります。
えらい勢いで買ってるなー!
独特の色合いで銀色に光る焼き物です。
すごい!!他にはないなーこの色合い
ふむふむ。
さて、よく考えると陶芸家直々から焼き物を買えるのは滅多にないことで、
焼いた人の事を思い出して料理を食べるというのは生活に愉快さが加わる感じがする。益子にきて良かったー。
そして蔵前さんの威力で安くしてくれました。
(すいません、人柄も本当にいい人です)
そのご、ちょっと矢津田さんが特徴の銀色を出すのに山奥から
木を切り出す話を聞いたときに陶器を作る大変さと、陶芸家は肉体労働
なのだと感動しました。
感動とともに値切ってはいけないのだと思うのでもありました。
絵は蔵前さんと矢津田さん
つづくtanuki009.jpg

posted by あきお at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月06日

益子陶器市4

どうやら益子の陶器市というのは想像以上に広いのです。
かなり歩いたところに違うテント群があったりする。
一つ一つ見てたら一ヶ月かかるかもです。
それを知ってか知らないか小川さんが行きつけの店に連れて行って
くれた。かよも小さいが小川さんもかなり小さい。
二人並んで歩く姿を後ろから見てるとなんだか自分が白雪姫になった
感じ(∩.∩)。つづく
tanuki005.jpg
posted by あきお at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月04日

益子陶器市3

誘っていただいた蔵前さんご夫妻たちと合流。
まずは陶器市の人気投票みたいなところへ直行。tanuki004.jpg


たくさんの作品が並んでいる。
作家の名前はなく、
ただ番号があるだけの人気投票だ。
たぶん知り合いとか身内の票ではなく純粋に好きな焼き物に投票できるわけだ。
そして投票した人に抽選で陶器をもらえるといううれしい仕組みになっておりました。
つづく

posted by あきお at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月03日

益子陶器市2

4月29日
益子どころか陶器に関して
全く無知な人間で(せいぜいホームページに紹介した磁器を集めてるくらいなのです)
なので前もって有名な人を展示してるところを検索。
「やまに」というお店に特別展示室があるというのでそこに行ってみたのです。
そこには濱田庄司・島岡達三・田村耕一などの作品がショーウィンドーに飾って
ありまして、販売もしてます。濱田庄司・島岡達三は人間国宝です。すごい!!人間国宝!!しかも作品を売ってるのだ!!
ほしいが高い…うーん…。
なので違うショーケースに目がいく。
お!!これは!それが神谷紀雄の器でした。
他の客に買われないように焦って買ったのですが
結果買ったのは我々だけででしたが。
神谷さんは益子町窯元四代目として生まれたらしいのですが
磁器です。益子焼きじゃないかも…。つづく
tanuki003.jpg



posted by あきお at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお

2010年05月01日

益子陶器市1

4月29日。
いつもゴールデンウィークはじっと動かない我々ですが、旅行人の蔵前さんから
のお誘いで益子の陶器市に行って参りました。
朝早く出発!!そのため、
かよはなんと早くも10時にベッドイン。そんなに早く寝られねーだろーに。
早めにでたのでなんとか大渋滞にもまきこまれず初めての益子にやってきた!!
蔵前さんとその仲間たちはまだきてない模様。なのでちょっと散策。
たくさんの自慢の陶器たちを並べたテントが立ち並ぶ中、巨大狸の焼き物の頭が
みえてきた。さっそく近づいてみた。
でかい!金玉が!
つづく
tanuki001.png
posted by あきお at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | あきお