2008年02月24日

大復活祭

そういえば、先日(2月10日)。
忌野清志郎の大復活祭に行ってきました。
最初は、うわーーい、キヨシローだーー! なんて、
うきゃうきゃ見ていたんですが、
途中チャボが登場した途端、号泣。
そのまま最後まで、涙だだ漏れ状態でした。
なんだかもう涙とまんないの。
自分でも、アタシ何でこんなに泣いてるんだ? って不思議なほど。

この武道館で、またキヨシローの歌声が聞けるなんて!
チャボと一緒の姿を見られるなんて!
ああ、「ようこそ!」歌ってる!
ジャンプしてる!
キヨシローが生きてる!!!

コンサートが終わって。
人波にもまれながらの帰り道。
あの頃みたいに歌い出した人がいて。
昔みたいな大合唱にはならなかったけど、
その場にいた何人かで歌いながら歩きました。
あの頃の夜と、今は、確かに繋がっている。
そう思ったらまた泣けて。

生まれて初めて、神様に感謝した夜でした。
posted by あきお at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2008年01月24日

発見!

また間が開きました。
こんにちは、かよです。

「何もなくても毎日更新!」と息まいてたくせに、たった四日でもう終わり? はやっ! とお思いの方、多いと存じます。
実際、何人もの人から、どーなってんだ、とおしかりを受けました。ううう。
みなさん、この女なんつー根性無し、って思ってますよね。
でもね、違うんです。
本当に毎日更新する気満々でいたら、あきおにしかられちゃったんすよ。
お前のつまんねぇ日記で、仕事の記事やオレが描いたイラストを下に流すんじゃねぇ! と烈火の如く怒られまして。
更新したくても出来ずにいたんです。
いやまじで。
んで、今回、仕事に関係する話なら書いてよし、と言われたので、久々の更新です。

今日ぷらりと入った書店で、ふと見慣れない雑誌が目についたので、たまたま手にとってみまして。
よく見たら祥伝社の『BOON』だったんですが、へー、雑誌の雰囲気がずいぶん変わったのねぇ、と思いつつ中をパラパラ見てたら、ん? 見慣れた絵。
おおお、なんと、我らが『弱小田舎パチンコ店長奮闘記』の記事が載ってたんです。
うわ、びっくり。
巻末あたりのCOMICというページで、ほんの小さい記事ではありますが、ご紹介いただいてました。
なんだかとても褒めていただいてまして、えへへ、嬉しいなぁ。
(みなさんも、どこぞで見かけましたら、ちらりと見てやってください)
もちろん一冊買いまして、家であきおに見せました。
早速あきおが担当の編集さんに連絡したら、どうやら知らなかった様子。
なーんだ、編集さんが、雑誌社に売り込みしてくれたんじゃないのね。
えー、どこのどなたかは存じませんが、ご紹介ありがとうございました。
心から感謝です。

それにしても、たまたま一冊、何の気なしに手に取ってみた雑誌に出てたなんて! 
何かに呼ばれたんでしょうか(まさか、見てないだけで、いろんな雑誌等で紹介していただいてるなんてこと、ないですよね?…ないない)

『アジアのハッピーな歩き方』の方もどうぞよろしくお願いします!
とコマーシャルもして。
これならあきおも文句あるまい。わはは。
gda016-01.jpg
posted by あきお at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2007年12月12日

記憶喪失

結局ゆうべは完全徹夜になった。
やっとあきおが起きてきて、朝食をとりながら、しばらくあれこれ話していて。
徹夜明けの妙なテンションの私と、最近断酒してるせいか朝から元気いいあきお。
なにやらすっごい面白い話をして、二人でゲラゲラ笑いまくったのだ。
ひーひーお腹抱えて笑い転げて。
笑いすぎて息できねーよ、ってくらい。
俺たち冴えてるなー! もしかして天才!? とか騒いでたのに。

なんの話したのか、なんにも覚えてない。
あんなに面白かったはずなのに。
もうさっぱり。

徹夜明けの脳のせい?
それとも、なんか始まってますか?
posted by あきお at 23:02| Comment(6) | TrackBack(0) | かよ

2007年12月11日

ヨタヨタと新宿まで

今日は、寝不足の頭と体を抱えて、
朝もはよから新宿まで、体操しに行ってきました。
ここしばらく日々の柔軟をサボってたので、
体がかたいのなんの。
以前よりは少しはましになってたのにな。
体ってあっという間に堕落しちゃうのね。
で、ついでにスポーツクラブに寄って、
ヨガだけして帰宅。
それでも十分疲れ切りました。
もう年寄りだわ、私。
認めます。

そんでもって、今夜も仕事で徹夜の勢いです。
はぁ。
ぶんぶん頑張ります。
ぶんぶん。
anime-kayo.gif
posted by あきお at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2007年12月10日

深刻な問題

仕事中、イライラしながら何かを食べる、という悪い癖がついてしまって、もう長い。
やめりゃいいんだが、やめようとするとよけいイライラして仕事が手につかなくなる。
だから食べる。
食べると当然太る。
あああ、当然、太るんですよぉぉ。
本気でやばい。
正直、深刻である。
どうにか、この悪癖を絶たねば。
律せよ! 自分!

たった今、あきおがコーヒーをいれてきてくれた。
おやつのチョコとチーズと干し芋も一緒に(すべて高カロリー!)。
うまい。うますぎる。
・・・ありがとうございました。
posted by あきお at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2007年12月09日

ご無沙汰してます

どうも皆様。
かよです。
お久しぶりです。
すっかり鳴りをひそめてて、すみません。
あきおに孤軍奮闘させてばかりはいられないので、私もいよいよ再起いたします。
今までは、何かあったら更新! の予定でしたが、それではいつまでたっても更新できないことがわかりましたので、これからは、何もなくても毎日更新! に挑戦いたします。
所詮、私の挑戦なので、期待薄ではあるんですけど(いきなり逃げ腰)

えー、昨日は、夫婦そろってインフルエンザの予防接種にいってまいりました!
あきおも私も、学校卒業以来初めての予防注射でした。
今までは、行かないとな〜と言いながらも、なんだかんだで結局行けずにおりまして。
それでインフルエンザに罹らなければなんの問題もないんですが、罹っちゃうんですよ、私ときたら。あはは。
ひどい時にはワンシーズンに2回も。あはは。

で。
今年はすでに大流行の兆し、とか巷で騒がれてますよね。
自信のない私はすっかりあおられちゃいまして。
あきおも引き摺って行ってきたわけです。

二人の共通の感想は
「痛くなかった!」
なにやらすごい達成感です。
普通の社会人になったような気分すらします。

予防接種くらいで、そんな気分になれるって。
私達ってちょろいなぁ。
top555.gif
posted by あきお at 20:12| Comment(1) | TrackBack(0) | かよ

2007年07月23日

ムサフィール!

先日、二人で渋谷まで『ムサフィール』のライブを観に行ってきました。
彼らは、タブラ(太鼓)、サーランギ(弓奏楽器)、モールチャング(口琴)、ドーラク(両面太鼓)、カルタール(カスタネット)、ハルモニウム(卓上オルガン)などの民族楽器と、ヴォーカル、ダンサー、大道芸からなる、インドはラジャスタン地方の伝統音楽+大道芸の楽団です。
(ちなみのラジャスタン伝統音楽は、ジプシー音楽のルーツと言われているそうです)
http://www.conversation.co.jp/schedule/musafir/

ラジャスタンなんて日本では比較的マイナーな地方の伝統芸能のライブにいったいどれだけのお客さんが来るんだろ? 会場は大きいのに(渋谷O-EAST)ちょぼちょぼだったら気の毒だなぁ、などと思って行ったんですが…そんな心配は失礼だったようで。
私たちが知らなかっただけで、結構有名な人たちだった模様。
インド好き、インド音楽・楽器好き、民族音楽好き、な感じの人たちでほぼ満員でした。
びっくり。

いやー、本当によかったです。
ラジャスタンはやっぱり格好いい!
実は現地のレストランや催し物などで、似たような大道芸とダンスのライブを何回か観たことがあるんですが、さすがにそれよりなんぼも洗練されていて素晴らしくて(当たり前だけど)。
おまけにあのときの現地の熱気や匂い、人々のざわめきや歓声まで蘇ってきて、泣きそうになりました(一気に心も体もラジャスタンに持ってかれちゃったよ)

メンバーの人たちのいかにもラジャスタンな顔立ちと衣装、そして有名なラジャスタン巻きのターバン。
ホントめちゃめちゃ格好いいんですよ。
これだけでやられます。
キュン、です。

久しぶりにいいライブを観ました。
魂が揺さぶられました。
ソウルフルでした。
そして何より楽しかった! 気持ちよかった!
やっぱ、ライブはこうでなくちゃ!

気さくで陽気で誇り高きラジャスタンの男たち。
そのライブもまさしくラジャスタンスタイルでした。


そして。
ちょうど今、偶然にもラジャスタンを舞台にした漫画を描いてまして。
あああああ、またラジャスタン行きたくなったぞーーー!
うおおおおおおお、ラジャスターーーーンッ!
g-day009-01.jpg
posted by あきお at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | かよ

2007年06月08日

コマンダンテ

昨日は二人で映画『コマンダンテ』を見てきた。
めちゃめちゃ久しぶりの映画、久しぶりの渋谷だった。

これはオリバー・ストーン監督が自らインタビュアーとなって、キューバの最高指導者フィデル・カストロにキューバ革命やキューバ危機、果ては私生活のことまでのあれこれを語らせる、という映画である。

で。
面白かった!
なんたってあの時代の生き証人、というか渦のど真ん中の当の本人が語っているのだ。
もちろん彼がどこまで真実を話しているのかはわからない。
「あのカストロ」なのだから。
でも「あのカストロ」が実際語ったりはぐらかしたり困惑したり息巻いたりする姿を見ることは、少なくともあの時代を知ってる人間には意味があるはずだ、と私は思う。

そしてそんなことよりなにより。
キューバ大好き、カストロゲバラ大好きな私には、たまらなく嬉しく、宝物のような映画であった!
あー、そういえば若かりし頃、キューバ関係の本を探し回りむさぼるように読んだっけ。
いつか必ずキューバに行こうとスペイン語の辞書を買った記憶はあるが、勉強した記憶はないぞ。
あの辞書どうした?
なんてことをあれこれ思い出したりもして。
自分が思ってる以上に、どうやら私はキューバに思い入れが強かったし、今も恋いこがれているようだと再発見。
やっぱりキューバ、行きたいぞ!!
カストロが生きているうちに!!!
ちくしょー、オリバー、羨ましすぎるっ!!!!

ところで。
上映館は渋谷のユーロスペース2なのだが、行ってみてびっくり。
若者たちが行列作っていたのだ!
そ、そんなにみんなカストロに興味があるの?!
ゲバラ人気もここまできたって?!
座れなかったらどうしよう!
焦りながら3階にいったらだーーれもいない。
・・・
行列は同じビル内で上映中の『大日本人』だったのである。


kasutoro001-01.jpg
posted by あきお at 18:03| Comment(4) | TrackBack(0) | かよ

2007年05月24日

無謀かもな

自分の体のあまりのかたさと不器用さ醜さにあきれ果て、最近とある所で体操を始めた。
が、もう、これギャグだろ? というくらい、どうにもならない。
さすがこの体、ウン十年間怠けまくってきただけのことはある。
曲がらない。
反らない。
伸びない。
撓らない。
緩まない。
…なんてこった。

もうすっかりくじけそうになってる自分に、諦めず柔軟体操していればいつかきっと! と励ます毎日である。
…いつの日か本当にそんな日は来るんだろうか?

そんな私だが、今年の夏もダンスの舞台に上がるつもりだ。
ああ、無謀!


 ↓ 私の夢
taisou1.gif
posted by あきお at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | かよ

2007年04月26日

あいやー、お久しぶりです

生きてます。
すいません。
posted by あきお at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | かよ

2006年05月31日

イダキフェスタ!

日曜日は『イダキフェスタ』というイベントに行ってきました。
オーストラリアのアーネムランドという地域から「ホワイト・カカトゥ・パフォーミング・グループ」という人たちが来日してツアーを行ってるんですが、今回はそのしょっぱなの東京公演だったわけです。
歌、ダンス、マゴ(ディジュリドゥ)で、アボリジナルの伝統的なパフォーマンスを見せてくれました。
いや〜、本当にかっこよかった!
ど迫力でした。
なんであの人達はあんなにかっこいいんだろう?
なんでこんなにゾクゾクするんだろう?
泣けるんだろう?
見るたび、聞くたびに思います。
日本人の私の、いったいどの血がこんなに騒ぐのでしょう?
なんの記憶に繋がっているんでしょう?

もう一グループは、我が師匠が率いる、和楽器とディジュリドゥ(豪州)の融合ユニット「和豪」。
生では初めてだったんですが、こちらもすごい迫力でした。
和楽器とディジュリドゥって合うんだなぁ!

ディジュリドゥ関係のイベントに久しぶりに参加したので、懐かしい人たちにたくさん会えただけでも幸せでした。
ディジュリドゥの仲間はやっぱりいいな。
あまりに嬉しくて、その後の打ち上げでは飲み過ぎ、はしゃぎすぎ。
みんなに迷惑かけて、ふたり揃ってほぼ意識不明のまま帰宅。
翌日がどれだけ大変だったかはご想像にお任せします。

もう酒、やめよ…
aboji039.jpg
posted by あきお at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2006年05月24日

前髪切った!

私も美容院に行って来ました。
もちろん、いつもの『RENJISHI』(←今はアルファベットが正式名称なんだそうです。すみませんでしたー)さん。
…って、ふたり揃って美容院ネタばかり書いてるって、よほど他に楽しいことがないのか、この夫婦。
ま、それはさておき。

前の髪型も気に入ってたんですが、なんたって髪が多くて硬くて、おまけにくせが強いため、伸び始めたら収拾がつかないくらい広がっちゃったんですよ。
で、いつもやっていただいてる新井さんと相談した結果、こんな髪型になりました!




久しぶりに前髪作っちゃった。
本当に本当にひっさしぶりの横分けちゃんです。
うほほほ。
でもやっぱりまだこの髪型の自分に慣れなくて、鏡を見るたび、お前は誰だ?! 状態です。
あきおには、すげー目立ってていい! と変な褒められ方されました。
かわいいとか、素敵とかじゃないのかよ。
他にいない、目立ってる、っていうのがあきおにとって一番なんだそうです。
うーん。
とはいえ、本人もすごく気に入ってます。
かっこいいっす。
新井さん、いつもありがとうございます!
そこに新井さんがいてくださって、私は嬉しい!


ところで、前にあきおが日記で描いてた、アシスタントの男の子。
藤原くんとおっしゃるそうですが、あのイラスト、ぜんぜん似てないじゃんよーー。
一体どんな地味で気弱そうな子が出てくるかと思ったら、なんと、爽やかでかわいい系のかっこいい男の子でした!
びっくり。
ごめんね、あんなイラストでご紹介しちゃって。
今ここで訂正させていただきます!!
丁寧で感じがよくて、細やかな気遣いもあって、これからきっと人気者の素敵な美容師さんになれますね。
今はまだいろいろ大変でしょうが、頑張っていただきたいです。
renjishi036.jpg

髪も軽く、赤くなったし。
これでまた元気に頑張ります!
(髪の赤味が消えると元気がなくなる私)
posted by あきお at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2006年05月16日

上を向いて歩いてきた

ぶんか社の「ほんわら」こと「本当にあった笑える話」という月刊誌で、あきおが子供の頃の話を連続して描かせていただいてます。
『上を向いて歩いてきた』という漫画で、先日、6話目の原稿があがりました。
今回はあきおが5年生の時にテレビのクイズ番組に出た話です。
どこかで見かけたら、よかったら読んでみてくださいね。

この漫画を描くために、最近、60年代当時の世相や文化を紹介してる本をいろいろ読んでまして。
なんだかすっかり懐かしモードになってます。
考えてみたら、私ももうこの世にいましたからね。
まだかなりチビだったので、実体験として覚えてるわけではないのかもしれませんが、それでもあの当時の空気を吸ってる人間は、体のどこかに染みついてるんだろうな。

今日より明日はもっといい日だ、これからどんどん幸せになっていくんだ、と誰もが信じたあの頃。
引っ込み思案の人見知り、いじめられっこだった私も、それでも明日にはきっと楽しいことがあるはずだと無邪気に思っていた気がします(実は今もそうなので、これは性格かも…)

清貧や異端者、情熱、革命までもが日常にあった時代。

確かに自分も生きていた時代なのに、今思うとなんだか夢物語のような気もします。
でも確かに生きていた証拠に、ありありと思い出すのは、ニオイ。
町中の埃くささ、コールタール、汚れきった川、汲み取り便所、バキュームカーの脇。
空からラジコンで頭上にまかれた農薬、近くの農家の牛小屋、草いきれ。
町中に、生々しいニオイが充満していました。
その中で、息を止め、鼻をつまんで遊んでいた子供たち。

そんな時代の子供の話です。
nikki034.jpg
posted by あきお at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2006年04月10日

ダンスのワークショップに行ってきました!

あきおが春スキーでヨタヨタしてる間に、私はダンスのワークショップに行っておりました!
何故私がダンスを? といいますと…
今回は、なんとあの『山海塾』の舞踏手・蝉丸さんのワークショップだったのです!

実は私、三度の飯より、飯の合間のお菓子より山海塾が好きで、日本公演がある度に、仕事も何もかも放り出して追っかけ回してるんです。
中でも、主催者の天児さんは別格として、蝉丸さんのダンスの美しさに心底やられてまして、もはや蝉丸さんの追っかけ状態にもなっておりまして。
蝉丸さんは、毎年夏に富山の山奥で合宿形式のワークショップを一週間ほどやってらっしゃるんですが、もう何度、それに参加しようと思ったことか!
でも、さすがにダンスのダの字も経験が無く、っていうか、毎日机に向かってるだけの究極の運動不足、おまけにすっごい年いっちゃってるこのオバハンが、一週間もダンスのワークショップに参加してどーすんの?? と、珍しく弱気になって自主規制してしまってたんですが…今回、なんと一日だけのワークショップがあるということで!
辛くても一日、根性なくても一日、大恥かいても一日、たった一日! 
と、覚悟を決め、参加してきたわけです。はい。

なんつーか、めちゃめちゃ楽しかったっす。
もちろん、うまくできたわけではないですが、自分なりに自分の体と向き合ってみるという、普段したこともない体験ができて。
自分の体って、実はぜんぜん自分の意のままには動かせないのよね。
感覚もひどく鈍ってるのよね(…私だけ?)
しみじみと、ああ私の体って…(とほほ)、と感じてきたわけです。

っていうか、ミーハーな私にとっては、ワークショップの内容もさることながら、なにより、あの蝉丸さんが目の前で踊って、話してるのを見ていられただけで、もう至福の時間でした!
いやもう本当に素晴らしかった〜〜。
人間的にも、とっても素敵な人に見えました。
想像してた以上に素敵な人だなぁ、と。
それだけで嬉しかったです。

つーことで、この勢いで今年は夏の富山合宿にも行っちゃおうかと目論んでおります!
あぁ、さすがにそれは無謀でしょうか?!
どーする? どーなるっ?? 私!

それにしても、この二日間、めちゃめちゃ体痛いっす。
階段、降りられませんがな。
ううぅ。
semi.jpg
posted by あきお at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2005年10月02日

もう10月?!

早い。
早すぎる。
もう10月だって!
今年ももう終わりが見えてきましたか?
信じらんない。
いったいこの10か月、私はなにをやってきたんでしょう??
なんだかぜんぜん思い出せないんですけど。
切ないです。
こうやって年をとっていくんだなぁ…(嗚呼)


posted by あきお at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2005年09月28日

船は出ていく私は残る…

ずいぶんご無沙汰しちゃいました。
えーーと、まだ寒い頃の日記で、船旅します! って書いたんですが…
す、すいません、乗ってません。
体調を崩したことと、仕事のめどがつかなかったために断念しちゃいました。
相変わらず、家でしみったれた顔して仕事してます。
えへへ。
なんか、乗ってると思ってる方たちがいらっしゃるみたいで。
その後の報告をしてなかったので、当然なんですが。
うわーーん、すみません。
お騒がせしました。
ごめんなさい。

それにしても、今の忙しさを考えると、とてもじゃないけど船なんか乗れなかったなぁ、と。
っていうか、なんでそもそもあの時は船に乗れると思ったんだろう?
申し込んだ頃は、ヤケクソになって思考がぶっとんでたとしか考えられません。
今も時々ぶっとぶけどね。

今頃になってご報告とお詫びです。
ペコリ。

ってなわけで、日本にいます。
遊んでやってください。
これからもよろちく。
posted by あきお at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2005年06月25日

歩いてます

歩いてます  かよ
またすっかり体調を崩してしまい、しばらく隠遁生活を送っておりました。
家から一歩も外に出ず、ベッドと机を往復するだけの毎日。
ふと気がつくと、家の中をちょっと歩くだけで、息切れと動悸でぶっ倒れてるようなありさまで。
おまけに、幸か不幸か、体調悪いのに食欲だけはあったから、もう見るも無惨なぶよぶよ体型になっちゃってたわけです。
それとね、ぜんぜん動かないでいるうちに、なにやら私の体の中がさぼり切ってるような気がして。
元々低かった血圧はさらに下がる一方だし、どこさわっても脈とれないし、便秘もひどいし、頭がぼ〜っとしててなーーんにも考えられないし。
『もしかして今の私、ほぼ死んでる?』
生きながら仏かよ!(違うって)

さすがの私も、こりゃヤバイと。
最近、少しずつ体調が戻ってきたので、慌ててウォーキング始めました。
近所をふらふらしてたら、ジョギングコースのあるこじんまりした公園を発見して、毎晩そこでテコテコ歩いてます。
初日なんて、ちょっと歩いただけで、全身が激しく痒くなって。
今までダラダラ遊んでた血が、相当びっくりして大騒ぎしたんだろうな。
っていうか、日頃からさぼってないでちゃんと流れててくれよ。
ぜんぜん酸素が脳までいってねぇよ。

で、歩き始めたら、なんだか身体が軽くなって体調も徐々に…なんてことはまだないです。
ただ毎日疲れてるだけです。
っていってもまだ歩き始めて一週間だけど。
いつになったら効果が実感できるのかな。
特に贅肉関係!

でもね。
そりゃ私だって、そう簡単に体重減ったりはしないってわかってます。
でもさ、なにもウォーキング始めて体重増えなくたっていいじゃん。
日々、すこーしずつ増えてます。
なぜだーーーーー!
kayonikki004.jpg
posted by あきお at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2005年02月08日

髪型、変わりました

今日、東京は雨でした。
昼間は寒かったですね。ほとんど凍死状態でした。
けど雪にならなかったってことは、極寒ではなかったってこと? うそぉ。
夕方になって少し暖かくなって、やっと解凍。

そういえば、髪型、変えました。ちょい前のことですが。
パーマかけて、わしわしくしゃくしゃヘアになりました(くるくるヘアとは言い難い)。
私を知らない方だと、ふーん、で終わってしまう話題でしょうが、長いこと私とおつきあいいただいてる方だと、これ読んでびっくりされてるかもしれません。
なんたってもう10年以上も同じ髪型してたんだもん。
普段アレンジもしないから、いつ見たって同じ髪型。赤いロングのストレート。前髪ぱっつん。
ホントいつ見ても何の変化もない、つまらないヤツだったと思います。ごめんなさい。
なんと今じゃ前髪を真ん中から分けてもいるんですよ! おほほ。
連獅子の新井さん、今回もどうもありがとう。
私のこの強情・性格悪な髪の毛をここまでまとめられるのは新井さんだけです。いやホンマ。

髪型変えたばかりの頃は、あきおにも、「知らない人がいる〜」と言われましたが、自分自身でも鏡を見るたびに「お前誰だ!」と叫んでました。
やっと最近慣れましたけど。
とはいえ、この髪型、この季節にはかなり辛いっす。
朝起きたら、髪を濡らしてわしわしさせないと、ただのボサボサですから。
この年齢でボサボサ頭してると本物っぽくてヤバイよね。
ただ、髪を無造作に頭のてっぺんで結わえると、いきなりサドゥーになれちゃうのが嬉しいです。
(嬉しいのか?)
kayo001.jpg
posted by あきお at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2005年02月01日

あけましておめでとうございます(…って)

す、すみません。
なんだか、本当にお久しぶりです。
ずいぶんさぼってしまいました。
もちろん忘れてたわけではなく、いつも気にはなっていたんですが。
少し間があいてしまうと、きっかけを失っちゃうんですね。
久しぶりに書くのに、こんな色気のない話でいいんだろうか、とか、
こうなったら大事件があるまで待ってようかとか考えちゃって。
って、言い訳は見苦しいですね。
これからは、気軽にちょこちょこと更新していくつもりです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

で。
今日は横浜まで行ってまいりました。
実は秋から一人で船旅をしようと考えてまして、その船の見学会に参加して来たんです。
なんたって、3か月半の長旅のほとんどをその船の中で過ごすわけで、ふだん居住空間にはあまりこだわりがない私も、さすがにどんな船なのか気になったんで。

えーと、部屋は想像以上に狭かったです。
見知らぬ人たちと一緒に寝起きすることになる、いわゆるドミトリーみたいな部屋なんですが(もちろんシングルルームもありますが、高すぎて私には無理)、荷物を置く場所もなさそうで、ちょっと不便そう。
ベッドも、寝ころぶことはできても、上段との間が狭すぎて座ることはできず、でした。
でもま、昼間はどうせ船上をあちこちフラフラしてるんだろうから、そんなんでいいんでしょうけどね。
贅沢は言いますまい。値段の高い部屋は、めっちゃ居心地よさげでしたから。

それにしても、見学してるだけでドキドキしてきちゃいました。
3か月半の船旅ってどんなんだろう?
今まで、夏の神津島へ行く東海汽船と、青函連絡船しか乗ったことのない私には、想像もつかないんですが。
ああ、地球一周! 大海原が私を呼んでいるっ!

えっと、そういう私は乗り物におそろしく弱いんですが…おっきい船って揺れないですよね? 
酔わないですよね? 
えーん、酔わないって誰か言ってーーー。
DSC07353-01.jpg
posted by あきお at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ

2004年05月23日

すごい夜

金曜日に、児童読物作家の山中恒先生の出版記念パーティーに二人で出席してきました。
山中先生は『あばれはっちゃく』『ボクラ少国民』『とべたら本こ』『おれがあいつであいつがおれで』など、誰でも一度は読んだことがあるだろう作品(ものすごい数の!)をお書きになった方です。
あきおが、山中先生の作品のいくつかに挿し絵を描かせていただいたというご縁で、その後もいろいろとお世話になり続け、今回も呼んでいただけたというわけです。ありがとうございました。
先生は数年前に大病なさり、その時はずいぶん大変だったらしいんですが、昨日はビックリするくらいお元気で、ご病気前とちっとも変わってませんでした。それがなにより嬉しかったです。

で、その帰り(っていうかパーティーを抜け出して)、せっかく銀座に来たんだから! と漫画家の石坂啓さんにすんごいライブハウスに連れてっていただきました。
いや、マジにすごかったっす。
なにが凄いって、店内、中年(一部シルバー)パワー大全開!
私よりずっと年上のオジサマ・オバサマ(さらにはもっと上)たちが、あんな踊り狂ってる様はそう滅多に見られるモノじゃないですって。しばし絶句、その後なんかエラク感動しました。
そこはどうやらチェーン店らしく全国にもいっぱいお店があるみたいなんですが、古い曲(50,60,70年代などその日によって違うみたい)を生でガンガンに演奏してくれるんです。
そこには別にダンスフロアがあるわけでもないんですが、それまでテーブルでしっとりお酒を楽しんでいたご年輩の方たちが、演奏が始まるやいなやイスから飛び出してみんなで踊り狂うんです。
ね、想像するだけで凄いでしょ?
で、そういう私も踊りまくってきました。なんたって懐かしい曲ばかりでしたから。へへ。
気がつけば、さすがその昔ディスコ・キングだったあきお、一番前で踊ってました、奇声をあげながら(怖いって・・・)
石坂さんは石坂さんで、奥まったシートでまったり飲んでる人たちを無理矢理立たせて踊らせてるし。
うーん、なんだかすごいぞ、漫画家。

結局、なんと3ステージも踊りまくって帰ってきました。
ヒールの高い靴だったので帰り道は足がガクガクしてました。私としたことが情けない・・・
それにしても楽しかったなー。また行きたいな。
ということで、今度私と一緒に行く人、募集!!
40代以降の人にお勧めしますが、怖いモノ見たさ、もしくは妙に老成した若者でもオーケーかも。
もれなく私とのチークダンスがついてま〜す(引くなよー!)



ところで、うちのHPに、これからどんどん作っていくつもりのウェブ漫画のサンプルをアップしました、っていうか既にアップしてます。
よかったらご覧になってみてください。ご感想などBBSに書き込みしていただけるとすごく嬉しいです。
ついでに今後の漫画のことなどについて、私がインタビューされ、しどろもどろになって答えてる様子もアップされてます。恥ずかちいですが、こちらもよろしかったらどうぞ。
posted by あきお at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | かよ